検索
  • gssaitama52

ワールドシンキングデイ


2月22日はワールドシンキングデイ!

世界のガールスカウトを思いやる日となっています。

ではなぜ2月22日なのか。

それはボーイスカウトの創設者、ガールスカウトの創設者は夫婦であり、同じ誕生日であることに由来します。

まずはガールスカウトの歴史を確認。

その後は世界にもガールスカウトはある!ことを実感してもらえるように、インターネットで世界の国々のガールスカウトを実際に見て見たり、世界にあるガールスカウトの施設についても確認しました。

ガールスカウトに付いて理解を深めたのちはゲーム!

毎年テーマがあり、今年のテーマは「リーダーシップ」

リーダーシップを実感してもらえるように新聞紙タワーを行ないました。

5分で作戦を立て、10分でタワーを作ります。

なかなか難しかったようですが、パトロールによってすべて異なるタワーを作り出しました!

意見を出し合うこと、まとめること、実際に作ることで声を出すことで知らずのうちにリーダーシップを誰もがとっているということ、そういう気持ちは誰しもが持っている、そして、ガールスカウトには発揮できる機会がたくさんあるということをふりかえりの時間でスカウトに伝えました。

このゲームを通じて少しでも実感してくれていたらいいなと思います^^

その後は「ガールスカウトとして」というところをさらに深めようと「ガールスカウトになって変わったこと」を一人一人書いてもらいました。

[きもち・こころ]

・正義感と責任感が強くなった

・友達がたくさんできてとっても嬉しい

・学校以外の友達ができて楽しい

・毎日が楽しい

・人前に立つのが好きになった

・自分に自信がついた

・学校とか代表とかでリーダーシップを取れるようになった

・優しくなった

[できるようになったこと・自信になったこと]

・人前で発表できるようになった

・キャンプのテントを自分で建てられるようになった

・物事を積極的に行うことができるようになった

・みんなの前で躊躇せず、話すことができるようになった

・物事を先まで読んで行動できるようになった

・小さい子の面倒見がよくなった

・自分から進んで行動できるようになった

・キャンプに行ったことがあるから学校の移動教室で不安があまりなかった

・人前とかでいままでよりはしっかり話せるようになった

始めはえ~?という感じでしたが、書き出すと出てくる出てくる!

こうやって書くことで、考えるきっかけにもなりますし、自分と向き合うこともできます。

皆に伝えたのは、52団のスカウトたちはみんな優しく、素直で仲間思いであること。

スカウトたち自身がスカウト同士の中で成長し合っているし、お互いのことを思いやっているのも見ていてよくわかる。楽しさも伝わってくるし、相手の気持ちに寄り添えているスカウトたちだと感じる。

今感じた気持ち、書いた想いを忘れずにこれからも続けて成長していってほしいことを伝えました。

ピン付けを行なった後は、外に出て少しの時間でしたが、歌を歌い解散となりました。

考える時間がとても多かったけど、楽しい集会となりました^^


© 2023 by ガールスカウト埼玉県第52団 Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now