8/8~10 夏季団キャンプ2019@戸隠ガールスカウトセンター

August 11, 2019

8月8日~8月10日

長野県の戸隠ガールスカウトセンターで団キャンプがありました。

 

1日目は電車、新幹線、バスを乗り継いで到着。

浅間山が噴火していましたよ。

ディレクター、スタッフ、事務局の方に迎えていただきました。

おにぎりを食べた後は、ウエルカムオリエンテーション。楽しいスタンツを見せてくださいました。

作業着に着がえて、いよいよ設営開始。

センターにはリアカーがあって、重い荷物はこれで運びます。

少し雨が降りそうだったので急ぎ気味で。雷が鳴るなか、2時間ほどで張れました。

 この後18時頃ドカーンとスコール来ました。

間に合って良かったー。

 

夕食は食堂でいただきました。

 

 さあ今日はキャンプファイヤー。

外でもやりたかったんですが、雨が心配だったのでホールで行ないました。

レンジャーのリードでとても盛り上がりましたよ!

トーチはシニア中1にリレーでつけてもらいました。

スタンツはブラウニーはさんぽを、ジュニアシニアレンジャーは大きなカブをオリジナルバージョンで。とっても面白かったです^^

リーダーはおわんだぜ、ちゃわんだぜ、スイカの名産地をしました。

後ろではスタッフの方が見守ってくださり^^それも嬉しかったです♪

 

 

夜は少し降りましたが、2日目の朝。いい天気!

うちの団は雨のことが多いんで、これだけで超感動です(笑)

 

朝日に照らされてとってもきれいです。

こちらはブラウニーのキャビン。みんなのタオルが干してありました。

 

 

 

さあ2日目。チャンスチャンス生ごみサイロ体験、旗揚げをさせていただきました。

これはもみ殻。ゼット菌と生ごみともみ殻を混ぜておくと、肥料になります。ゴミの分別もしっかりすることでサイクルがしっかりまわります。

 

センターには3本のポールがあるのですが、毎朝、毎夕旗揚げ、降納を行ないます。なかなか経験できない良いチャンスです。ジュニア以上はみんな経験しました。

全ての旗が同じスピードで挙がっていたことをディレクターがほめてくださいました。1人1人感想をしっかりと述べることができていて、感動しました。

 

この日は奥社へ行きました。

階段を登り、もうだめか…と思ったころに到着!

リーダーは何気なく置いたリュックをあやうく崖から落とすところでした。ひやひや。

お昼は戸隠そばと天ぷらをいただきました。おいしかったー^^

そしてみんなが楽しみにしていた忍者屋敷!

パトロールで相談しながら頑張って道を進めていましたよー!開けた瞬間はオー!と歓声が(笑)

ここで1時間半めいっぱい遊び倒しました。

 

センターに戻ると東京の団と京都府連盟が到着しており、にぎやかになっていました^^

2時間ばかし、休憩タイム。各自ゆっくり過ごしました。今回あったかメッセージというありがとうを伝えるお手紙企画をしたのですが、この時間にすごいブームになっており、みんなたくさん書いていました。

チャンスチャンスで旗降納もやらせてもらいました。みんな朝より堂々としていて、上手になっていました^^

 

 

夜星が見たくて、レジャーシートに座って結構ねばったんですが、見れず…

でもただ座って雲を眺めているだけでも、とても楽しかったようでした^^

ここでスカウトが一言。

「3泊4日がいいですー!」

そんなこと言われたことないので、本当にキャンプが楽しいんだなと嬉しく思いました。

 

 

さあ3日目。

 

 

朝の戸隠、快晴です。

 

 

いよいよ帰ります。の前に撤営です。

朝からペグを抜き、泥を落とし、テントの中が結露しているので、拭きとったり。(体温で結露していくんです。)準備をしました。

 

ブラウニーは東京都76団と一緒に交流タイム。

ゲームをしたりしてとても楽しそうだったそうです。スワップの交換もして仲良くなれたようでした。

 

76団のみなさんありがとうございました。

 

 

その後は閉会式。参加賞授与とあったかメッセージを渡しました。

みんな嬉しそうでした♪

 

 

肝心の撤営はみんなのチカラがないと終わりません。

いつもはリーダーの指示を待って…というところもあるんですが、みんなで声をかけあい、自分たちのチカラで撤営できていました。

しっかりと数を数え、汚れを拭きとり、しっかり乾かしたので、緊張の点検も無事1回で通ることができました。良かったー!

 

ユニフォームに着がえ、お昼ごはーん。

峠の釜めし。甘くておいしーい^^初峠の釜めしのスカウトがほとんどでした。私にとってガールスカウトセンターといえば、釜めしみたいなところあります。

釜めしでさえも、映えてしまう。センターおそろしや。

 

 

ご飯も食べて、みんなで写真を撮ったりゆったり過ごしていると、京都府連盟が帰ってきました。

行きも「いってらっしゃーい!」と盛大に手を振っていたのですが、帰りも「おかえりー!」と横一列に並んでみんなで手を振ってお出迎えしました。

これもセンターならでは。姉妹を感じるひとときですね。

 

 

さてわたしたちは帰る時間。大きい荷物を背負ってかえります。 

「ありがとー!」「またねー!」と大きな声を出し手を振りながら帰りました。

門の前ではディレクターと京都府連盟のリーダーの方が来てくださり、ハイタッチしました。

これも本当にステキな経験です。

 

帰る道中でも東京都76団の方とすれ違い、ここでもハイタッチ。

嬉しいひとときでした♪

 

電車も遅れず、無事に到着。

不思議と行きはあんなに「重い」言っていたスカウトたちでしたが、帰りはそんな声はほとんど聞かれませんでした。

 

 

 

 

 

戸隠ガールスカウトセンターで過ごした2泊3日。

日を追うごとに自主性が増し、自信を蓄えているなあと思うことが何度もありました。

そして「できた!」という実感が持てた瞬間の笑顔を何度も見ました。

スカウトたちの目にはどう映ったのでしょうか。何を感じたのでしょうか。

 

 

普段団にいるとガールスカウトの広がりってわかりにくいんですが、ガールスカウトセンターという場所で日本全国のスカウト、リーダーと関わったことで「私はガールスカウトの一員」「姉妹がたくさんいる」ということが実感できたのではないでしょうか。きっと身体で感じてくれたんではないかなと思っています。

 

戸隠でキャンプをすることができ本当に良かったと思っています。

所長、ディレクターをはじめ、事務局、スタッフの方々、京都府連盟のみなさん、東京都第76団のみなさん、大変お世話になりました。

 

そして送りだしてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 10, 2019

October 20, 2019

September 29, 2019

September 1, 2019

Please reload

アーカイブ